合同会社 勇七

  • -

2月第1週目のハレ

ついこの間、新年を迎えたと思ったのに、あっという間に2月に入りました。

2月第1週目のハレの様子です。

2月の行事で節分があります。今年の節分は2月2日でした。今回のように節分の日が変わるのは28年ぶり、28年前の節分は2月4日でした。また今回のように2月2日が節分だったのはなんと、明治30年。124年も前の事です。ちなみに次回2月2日が節分になるのは2025年との事です。

そんな特別な節分の日に利用者様にお出ししたお茶がこちらです。

福茶と言います。福茶はお祝いの席で飲む縁起物のお茶で、節分の日には、福豆を入れて楽しみます。福豆とは鬼や邪気を払うために使われる煎り大豆の事です。

この福豆のお茶で、利用者様が健康に過ごせるようにと願いを込めてお出ししました。

また節分という事で豆まきも行いました。

職員が扮した鬼が登場。

利用者様は豆を模した、広告で作った玉を鬼にぶつけます。

「鬼は外」「福は内」というにぎやかな声が上がり楽しい時間を過ごす事が出来ました。

この様なイベント以外にもハレでは全体での運動や個別のリハにももちろん力を入れています。

ハレではおなじみのボールとタオルを使った運動。

普通のタオルを使った足先の運動。このような各種運動を取り入れることによって利用者様の出来ない事が出来るようになるように職員一同取り組んでいます。

 

© 2021 isana.life