合同会社 勇七

  • -

12月第1週目のハレ

12月に入って寒さも強まってきて、冬の足音が近づいてきています。

今週のハレの様子です。

ハレでは11月中旬から長谷川式簡易知能評価スケールを実施しています。

長谷川式簡易知能スケールとは日本で最も普及している認知症診断の為の知能検査です。長谷川式簡易知能スケールには主に「記憶力」に関した9つの質問で構成され、30点満点、20点以下の場合、認知症の疑いありとされます。

年に1~2回、定期的に実施すると、認知症の進行具合の指標になります。

ハレでも定期的に行うことにより、お一人お一人の認知機能の状態を把握しています。

今週はレクリエーションでピンポン玉を使ったテーブルゲームを行いました。

テーブルに設置した得点ボードを目掛けて、ピンポン玉を転がして点数を競います。

自立支援強化型デイサービスですが、たまにこのようなゲームを行うことによって、利用者様に楽しんでいただいています。

また今週は以前のブログでもご紹介した、タオルを使った運動に取り組みました。

運動前にはバイタルチェックも欠かしません。

今週はお一人の方がお誕生日を迎えられました。

ハレからも色紙とささやかなプレゼントでお祝いさせていただきました。

 

寒さも一段と強まってきました。ご利用者様には風邪や体調を崩されることなく、ハレに来てくださることをお待ちしています。

 

© 2021 isana.life